脳力開発・モティベーション産業のリーディングカンパニー 株式会社エス・エス・アイ

≡ MENU ≡

HOME はじめての
方へ
プログラム
紹介
サポート よくある
質問
パートナー 会社概要
  • お客様相談室 0120-93-3701 月曜日-金曜日 午前10:00-午後18:00 ご登録頂きましたお客様情報の変更・削除のお手続きはこちらから
  • メールマガジン
  • SHOP SSI
  • 採用情報
  • マスコミ取材履歴

よくある質問

ホーム > よくある質問 > 「速聴」は、ただ聴くだけでいいのですか?

「速聴」について

Q. 「速聴」は、ただ聴くだけでいいのですか?

A.

ただ聴くだけでは、期待される成果は得られないでしょう。「きく」には「ただ何となく聞き流す」という「きく」もあれば、「注意深く聴く」場合の「きく」もあります。

「速聴」に成果を求められるならば、「注意深く集中して聴く」ことが大切です。
「注意深く集中して聴く」とはどういうことかといいますと、高速道路での運転を想像していただければわかりますが、高速道路を走るときはしっかりと目を開いて、意識も体も運転に集中させないと、事故の可能性が高まってしまいます。
脳のさまざまな部位を使って注意深く運転し、それによって脳が活性化しているからこそ、一般道に下りたときに、ゆっくりと周りの景色や状況を判断し、処理できる脳の余裕が生まれるわけです。

「速聴」もこれと同じで、注意深く集中して「聴く」ことで言語情報を理解・処理するウェルニッケ中枢を刺激することができるのです。
また、たとえば3時間、ただ聞き流すよりも、集中して3分間だけ「聴き取る」ほうが効果的です。ぜひ、高速で耳に飛び込んでくるプログラムの言葉に意識を集中させて、「聴き取る」ことを意識して取り組むようにしてください。

 
  • お客様相談室 0120-93-3701 月曜日-金曜日 午前10:00-午後18:00 ご登録頂きましたお客様情報の変更・削除のお手続きはこちらから
  • メールマガジン
  • SHOP SSI
  • 採用情報
  • マスコミ取材履歴
SSI HOME初めての方へプログラム紹介サポートよくある質問ビジネスパートナー会社概要SSIからのお知らせきこ書房メールマガジン
セミナー紹介SHOP SSIマスコミ取材履歴お問い合せ資料請求使用条件と著作権特定商取引法個人情報保護誹謗中傷サイトへの対応についてサイトマップ