“頭のよさは生まれつきのもの” そう思っていませんか?
私たちは脳が元々持っている脳力の、わずか3%しか活用しておらず、残りの約97%は休眠状態だといわれています。
「頭がいい」「天才だ」と呼ばれる人でも、3%プラスαの脳力を発揮しているにすぎないのです。何とももったいない話ですね。
ではどうしたら、眠ったままの脳力を目覚めさせることができるのでしょうか。

「速聴®」は眠ったままの脳力を目覚めさせる脳力開発技法
人の頭脳の中で最も高等な精神活動をつかさどるのが大脳皮質です。
この大脳皮質には約140億個の脳神経細胞があり、その中で私たちが実際に活用しているのは、たった3%にしかすぎないといわれています。 大部分の脳神経細胞は使われずに眠ったままの状態といえるでしょう。
この97%の眠ったままの脳神経細胞、言い換えれば潜在的な脳力を、目覚めさせ、0.1%でも多く使うことができれば、人は実に多くのことを実現できることになります。
一般的に「頭がいい」「頭の回転が速い」といわれる人は、普通の人たちより脳の活用部分が多いものだともいえるでしょう。
普段は眠っている脳神経細胞を、目覚めさせるにはどうすればいいのでしょうか。
その答えを求め、科学的なアプローチを続けた結果、生み出されたのが「速聴®」という技法です。

速聴®の詳しい資料をお届けします
本サイトでご紹介している「速聴®」の詳しい資料をお送りいたします。
請求された方全員に「もっと知りたい脳の話」DVDをプレゼントします。
お気軽にご請求ください。

速聴®体験ダイヤル実施中!
あなたは「速聴」の高速音声を聴き取れるでしょうか?
速聴体験ダイヤルでは、実際に音声を高速で聴き一時的に脳が活性化した状態を疑似体験できます!

・電話で聴ける「速聴®」って?
Q1:速聴体験ダイヤルでは、どのような体験が出来るのですか?
A1:実際に『「速聴®」対応脳力開発プログラム』を高速音声で聴くことが出来ます。これによって、一時的に脳が活性化した状態を疑似体験していただけます。

Q2:どのような方法で体験できるのですか?
A1:まず初めに2倍速で聴いていただきます。次にさらにスピードアップさせた2.5~3倍速で、同じ内容の音声を聴いていただきます。そして再び2倍速に落として聴き直していただきます。 すると同じ2倍速でも後に聴かれたときの方がゆっくり聴こえ、音声の内容を聴き取りやすくなっていることを実感できることでしょう。これを「速聴(R)」の「インターチェンジ効果」といい、実際に体験していただく事が出来ます。