Q1.「速聴」とは何ですか?
一言で言えば、高速音声が聴覚を通じて大脳の言語中枢である「ウェルニッケ中枢」を刺激し、脳を活性化することで、様々な潜在脳力が開花する脳力開発システムです。
言葉のスピードを3倍速や4倍速にして聴く「速聴」では、聴き取れない言葉を何とか理解しようと、言葉を理解する役目をになう「ウェルニッケ中枢」(言語中枢)の神経回路が発達しはじめます。ウェルニッケ中枢は言語に関わるだけでなく、脳内の記憶や知覚、認識、運動などをつかさどる各領域とネットワークでつながっている、"大脳のゴールデンスポット"ともいえる場所です。 「速聴」によってウェルニッケ中枢が刺激されると、その刺激は各領域へのネットワークを通じて脳全体に広がっていきます。こうした、「速聴」によって全脳が活性化されていく作用を、「汎化作用(はんかさよう)」と呼びます。
このページのトップへ
Q2.実際に「速聴」を開始してから、脳力がアップするのはいつ頃ですか?
始められる方の状況により個人差がありますが、「速聴」を始めてから、多くの方が2~3週間、遅い方でも2~3ヶ月ほどで、さまざまな脳力のアップを実感されているという調査結果が報告されています。
体を鍛えるトレーニングと同じように、「速聴」も毎日定期的に継続して行うことが確実な脳力アップへの秘訣です。マニュアルに従って、1日20~30分程度の「速聴」をして頂ければ、さまざまな脳力が開発されていく楽しさを実感して頂けることでしょう。
このページのトップへ
Q3. 「速聴」による、副作用などはありますか?
ございません。適切な音量で実施していただければ、鼓膜にも負担をかけません。
私たちは日頃、「速聴」よりも高速の音声(モーターやエアコンの音など)を多く耳にしています。それらによって鼓膜に損傷を受けることがないのと同様に、「速聴」が鼓膜に負担をかけることはございません。 言語中枢(ウェルニッケ中枢)に対しても、「速聴」は発達をうながす刺激になるものであって、悪影響をおよぼすものではございません。ただ、開始初期は集中力を多用しますので、頭を多く使った後の疲労感を感じられることがあります。適当な休憩を取りながら利用することをお勧めします。
このページのトップへ

Q4. 「速聴」をやめたら元に戻るのでしょうか?
定着期まで続ければ、元には戻りにくくなります。
1回聞いただけでは覚えにくい電話番号や住所などを、くり返し唱えて記憶するように、「速聴」もこれと同じ脳の仕組みを利用しています。このくり返して記憶する脳のメカニズムは、「活性期」と「定着期」に分けることができます。
「活性期」は、外部からの刺激によって言語中枢(ウェルニッケ中枢)の働きが活発になりはじめる時期で、まだ脳神経細胞同士の結びつきが完全にはでき上がっていません。「速聴」は、この段階でやめてしまうと、「速聴」前の状態に戻ってしまいます。 「活性期」に入ってからも脳にくり返し刺激を与え続けることにより、脳は「定着期」に入り、脳神経細胞同士が密接に結びついて脳内ネットワークができ上がってきます。この段階まで到達すれば、「速聴」をやめたとしても、基本的に元に戻ることはありません。 しかし、人の通らない道がやがては荒れ果ててなくなるように、使われない脳内ネットワークは結びつきが弱くなり、サビついてしまいます。 密接な脳内ネットワークを維持するためにも、「速聴」はくり返し聴いて頂くことをお勧めします。
※「定着期」に入る期間には個人差がございます。
このページのトップへ

Q5. 「速聴」の効果が現れるまでの時間に、年齢差はあるのですか?
「速聴」の効果には、個人差はありますが、年齢による著しい差は生まれません。音声の聴き取り脳力に関しては、一般的には年を経るごとに高音域から聴き取りにくくなっていくと言われています。しかし「速聴」の効果に関しては、年齢による著しい差は生まれません。逆に「速聴」を使用することで聴き取り脳力をアップさせた例もありますので、結果的に高齢の方でも十分に脳を活性化することができるのです。 実際、70歳以上の方からの脳力向上レポートも寄せられています。年齢を気にされる必要はございません。
このページのトップへ

Q6. 2倍速でも「速聴」効果を得ることができますか?
当社が案内する「速聴」の効果は、2.5倍速以上で検証した結果です。「速聴」効果が現れるのは(個人差がありますが)2.7倍速以上の聴き取りができるようになってからなので、2.5倍速以上にならないオーディオ機器で「速聴」効果を得ることは困難だと考えられます 。
このページのトップへ

Q7. 「速聴」によってどんな効果が得られますか?
脳全体が活性化し、数多くの潜在脳力が開花するため、性格面や仕事・学業面、人間関係面とさまざまな側面で良い結果が生まれるといわれています。
ユーザーからのレポートによると、おもに語学の習得や資格取得などに役立てて頂いているとの声が寄せられています。また、営業成績の向上につながったという方においては、昇進、給料アップなどの成果も得られています。
このページのトップへ

Q8. .「SLBS」の「速聴」プログラムには、どのようなものがあるのですか?
「速聴」対応の代表的なプログラムについてはこちらをご覧下さい。
>>>・・・・『〈速聴対応〉脳力開発プログラム』ラインナップ
このページのトップへ

Q9.自宅学習のようなトレーニングでは、長続きをした試しがありません。そんな私でもできるのでしょうか?
当社のサポートシステムを御利用ください。脳力開発プログラムをご活用いただいているユーザーの皆様へのフォロー・アップ・サービス・プログラムとして、『SSIユーザーズ・クラブ』があります。
エス・エス・アイの脳力開発プログラムをご活用いただいているユーザーの皆様は自動的に『SSIユーザーズ・クラブ』の会員となりますのでぜひ、ご提供する様々なサービスを、自己実現や目標達成にお役立てください。
このページのトップへ

Q10.自分に自信がない私でも成果が出せますか?
ご心配はいりません。心構えや習慣を改めるためのプログラム・トレーニングを進めるうちに、解決されていく問題もございます。ご使用にあたっては、各フォロー・スタッフの丁寧なケアーによって、どのような状態からでも積極的な発想を習慣化して頂けるよう、お手伝いを致します。
このページのトップへ

Q11.どのような人が使っているのですか?
目的や年齢、職業がさまざまに異なる幅広い層の方々に使用されています。たとえば、大学合格を目標とする学生の方から、ビジネスで独立、成功を目指す方、生徒さんとコミュニケーションを深めたい教師、企業経営者、医師、看護師、脳を衰えさせないために使用されている高齢の方などなど、脳力開発を必要とされるありとあらゆる方々に御利用いただいています。
このページのトップへ