<はじめに> 速聴®は、なぜ「頭の回転を速くさせる」のか
「逆聴」時の前頭葉の活性化は、「計算」「音読」をもしのぐ
一九九三年に『聴覚刺激で頭の回転が驚くほど速くなる』を出版したとき、読者の方々から「速聴がどのようなものなのか体験してみたい」という要望が数多くあったため、速聴カセットテープ付きの『続・聴覚刺激で頭の回転が驚くほど速くなる』を一九九七年に出版した。
日本初の速聴カセット付き書籍ということもあり、発売当初より大好評となり、今までに二〇万部の売上げとなった。
その後、送られてきた読者アンケートに「CD付きはないのか」といった声も多く聞かれるようになったため、内容の充実とCDを付けた『決定版 聴覚刺激で頭の回転が驚くほど速くなる』を一九九九年に出版した。こちらは二五万部近い売上げとなり、この手の本としては、大ベストセラーに値する売れ行きとなった。

こうした数字をみるだけでも、当社の「速聴」が広く一般に受け入れられていることの裏付けとなるわけだが、後述するように、東北大学などで行われた実験で、前頭葉が特異的に活性化することがまとめられ、国際学会で発表されるなど、科学的にも「速聴」が注目を集めている。
さらに、諏訪東京理科大学の篠原菊紀助教授の研究によると、とりわけ「逆聴」時(聴覚と視覚の同時刺激)に前頭葉が活性化されることが報告されている。今後、さらなる研究がなされるが、「計算」や「音読」をもしのぐ活性化といえそうだ。これは冒頭のカラーページにまとめたとおりだ。

このように、「速聴」によって大脳を活性化させることが、科学的にも、一般的にも広く受け入れられたが、私は、それゆえ「速聴」に対する理解を正しくしてほしいと考え、今回改めて本書を刊行することにした。